個人養成課程の受講料金・・・広く一般から募集

この料金には、「消費税10%」、「教科書代」、「従事者免許の申請手数料(1,750円)」、「追試験/補習料金」が含まれています。
なお、遅刻等による補講は、1時間を超える場合、一人当たり(2,000円/時間)の追加料金が発生します(災害等による遅刻は無料)。

料金表

資格の種類受講料消費税免許手数料支払総額
第一級陸上特殊無線技士45,500円4,550円1,750円51,800円
リモート講義(※1)50,500円5,050円1,750円57,300円
選抜試験(受講資格)4,000円400円4,400円
第二級陸上特殊無線技士17,500円1,750円1,750円21,000円
短縮コース(※2)7,500円750円1,750円10,000円
第三級陸上特殊無線技士12,500円1,250円1,750円15,500円
航空無線通信士148,500円14,850円1,750円165,100円
航空特殊無線技士28,500円2,850円1,750円33,100円
第一級海上特殊無線技士45,500円4,550円1,750円51,800円
短縮コース※331,500円3,150円1,750円36,400円
第二級海上特殊無線技士22,500円2,250円1,750円26,500円
第三級アマチュア無線技士 短縮コース7,500円750円1,750円10,000円
第四級アマチュア無線技士16,500円1,650円1,750円19,900円
※412,500円1,250円1,750円15,500円
18歳以下7,500円750円1,750円10,000円

※1:リモート講義は、令和6年度中に開始する予定としています。なお、講習の最後に行われる修了試験は、対面方式で実施します。(修了試験の実施場所は、東京巣鴨教室又は新大阪事務所)

※2:短縮コースの受講には、第二級海上特殊無線技士や航空特殊無線技士等の資格が必要です。

※3:大学又は工業高等専門学校等の卒業生は英語が免除の短縮コースを受講可能です。

※4:2024年1月~6月、新大阪事務所開設記念特別企画第2弾 特別割引料金です。

従事者資格を取得できなかった場合は、その理由を問わず、次回の受講料金を無料とします。
(例:病気や仕事で講習を途中でリタイヤ、修了試験に不合格等)